secrid heartquarters

本社

成長は、地域社会が恩恵を受ける場合にのみ、良いことである。

2009年、3人がSecridの冒険を始めました。マリアンヌ、ルネとポールの3人です。それから13年、私たちのクリエイティブ・ファミリーは100人以上の仲間で構成され、着実に成長を続けています。

社会的責任と持続可能性を重視しながら、何百万個ものウォレットを生産しています。私たちのウォレットは、今でも社会福祉作業場で組み立てられています。私たちは、理想について考えるだけでは不十分であり、変化は日々の選択を通して起こることを十分に認識しています。私たちの成長は、地域社会が恩恵を受けることで初めて価値を発揮するのです。

Secridの社会的責任とサステナビリティに対する考え方は、会社を作る際の主要な原則であり、個人的な関係、個人の成長、包括性を重視していることです。これらは2018年、新オフィスの設計の出発点となりました。1965年に建てられた2000m2の倉庫をリノベーションし、管理室や独立した部門を造らず、オフィスの玄関である大きなエスプレッソバーと、デザイナーやスペシャリストがプロトタイプを作るアトリエを備えたレイアウトにしました。


  • secrid heartquarters

  • secrid heartquarters
  • secrid heartquarters
secrid heartquarters
エスプレッソ・バーからのエントランス

secrid heartquarters

スペースの25%を未使用部分として残し、自然な成長のためのスペースを確保しました。ブランドの原点は家族であり、Secridのオフィスはまさにそれを反映したものでなければなりませんでした。全員が1つの大きなスタジオにいるため、コラボレーションが中心的な役割を果たします。営業からサプライチェーンまで、多くのポジションにデザイナー出身者がいます。Secridで働く人々はクリエイティブです。オープンプランのオフィスは足かせになると思われがちですが、私たちはあえてクリエイティブな精神が花開くような空間をつくりたいと思いました。


  • secrid heartquarters
  • secrid heartquarters
この建物の特徴は、デザインのマニフェストとして機能しています。

社内デザインチームによってデザインされたこのプロジェクトは、物理的なアイデンティティを創造する手段として機能しました。また、風水の原理に基づいてデザインされています。建物の中に入ったときに、人が感じるもの。この建物の特徴の多くは、今やデザインマニフェストとして機能しています。一体感のあるデザインは、職場環境のさまざまな側面にも反映されています。ベジタリアン・ランチは、スタッフはもちろん、時には通りすがりの人たちまでもが楽しんでいます。

1997年のミラノデザインウィークで、ルネとマリアンヌは、リノベーションされた工業用物件を訪れ、いつかあのような場所で仕事をしたいと夢見ていました。それから約20年、まさにその夢が現実のものとなったことは、とても特別なことだと感じています。


  • secrid heartquarters

  • secrid heartquarters office wallets
  • secrid heartquarters

ショート・ストリーズ