SECRID ~ 旅の始まり

日々使う品への見方を変える創造の旅

「カードプロテクター」は2009年に発売されましたが、Secridの旅はその10年前に始まっていました。1990年代に、オランダに電子決済システム導入されたことで、人々は現金よりもカードを利用するようになり、ポケットの中身も変化しました。Secridの前身であるデザイン会社Spiridは、その変化に注目し、1997年、初のミニマル・ウォレット(必要最低限の機能を備えた財布)「Secridボディカード」を発売しました。

Image of Marianne & René
1986年、デザイン家具・インテリア雑貨で世界的に有名なHabitatで、初のデザイン賞を受賞

オランダの大手銀行グループINGをはじめ、Maxi Cosi、Quookerへのデザイン提供を中心としていましたが、2000年代はじめに、スマートフォンの登場したことで、人々のポケットの中身が再び変化しました。ほぼすべての必要書類はポケットサイズになり、持ち物のボリュームは小さくなりましたが、その重要性はかつてないほど高まったのです。

2008年、欧州金融危機でデザイン提供の依頼は減少しましたが、25年間培ってきた経験と共有した時間を基に、人々のポケット中身の変化を捉え、独自のブランドを立ち上げるという夢を現実にする時がきました。この瞬間、サイド・プロジェクトであったミニマル・ウォレットがついにSecridの中核となったのです。

Image of award winning cardprotector
2010年、「カードプロテクター」がRed Dotデザイン賞を受賞、同年発売したレザーウォレット「ミニウォレット」も2年後、2012年にEuropean Aluminium賞を受賞しました。

20年以上前にオランダで始まったSecridは、根幹であるファッションとプロダクトデザインの融合からポケットサイズの必需品を生み出し、多くのSecrid愛好家に支えられ、数々の賞を受賞してきました。今ではSecridの製品は、厳選された5000以上の世界中の店舗で販売されています。私たちの3人の子供と100人近い従業員全員が家族であり、新しいポケットサイズの製品とサービスを皆さまにご提供できるよう日々努力しています。

ルネ&マリアンヌ